熟女にハマったきっかけは会社の先輩

僕の会社の先輩は、かなりの風俗好きでいろんな風俗へ行っているようです。

僕も、先輩ほどではありませんが結構風俗が好きなので、先輩とよく風俗の話をしたりしています。

さて、先輩は最近とある風俗にハマっているようです。
その風俗は、いわゆる熟女ばかりが在籍するような、まさに熟女専門の風俗なのです。

そして、この間先輩に「一緒に熟女風俗行こうぜ」と誘われたのです。
ただ、僕は熟女にはあまり興味がなかったので、最初はあまり乗り気でありませんでした。
そしたら先輩が、「俺が奢ってやるから来いよ」といったので、それならまあいいかと思いました。

そんなわけで、先輩と一緒に横浜市の曙町へ行き、先輩がいつも行っているお店へと行きました。
もう、見るからにお店の雰囲気が大人っぽくて、本当に熟女好きの人が通うようなお店だったのです。

お店の中に入ると、年配の店員さんが対応してくれました。
やっぱり、熟女風俗になると店員さんの年齢も高いのでしょうか?
先輩が受付を済ませてくれたので、僕は好きな熟女を指名するだけでした。

在籍女性一覧を見てみると、若くても30代前半、一番上は50手前の女性もいました。
正直、どの女性が良いのか分からかなかったので、とりあえず38歳の熟女を指名することにしました。
先輩が先に案内されて、それからすぐ僕の方が案内されました。

部屋に入ると、そこでは熟女が待っていてくれました。
驚いたことに、38歳には思えないぐらい若々してく、しかも結構な美人だったのです。
最初はあまり乗り気でなかった私ですが、少しテンションが上がりました。

「はじめまして。ここは初めてですか?」
「は、はい、先輩に連れてきたもらったんです」
「そうなんですか。じゃあ、今日は楽しんで行ってくださいね」

このような会話をしたのち、シャワーを浴びてプレイへと入りました。

「うふ、じゃあ舐めますね」
そう言って熟女は、僕の乳首を舐め始めました。
そしたら、今まで味わったことがないような、興奮と快楽が襲ってきたのです。
ただ乳首を舐めてもらっているだけなのに、こんなにも感じてしまうなんて。

そして、今度は手コキをしてもらいました。
その手コキが、これまたヤバイぐらい気持ちいいのです。
今までたくさんの女性に手コキをしてもらってきましたが、こんなにも気持ちいい手コキは初めてでした。

手コキの後は、いよいよフェラをしてもらいました。
このフェラが、私にとっては最高の印象に残るものでした。

熟女のあまりのテクに、私のアソコは大爆発しそうになりました。
今まで経験してきたフェラとは、比べ物にならないほど史上最高のフェラだったのです。
いつもはフェラでは射精しない私が、瞬く間に発射してしまったのです。

「あれ、もう出しちゃったの」
「あまりに気持ちよくて」
「お疲れ様、よかったらまた指名してね」

そう言ってプレイを終えたのですが、私にとっては今まで経験してきた風俗の中で、ダントツで最高でした。
これがきっかけで、私も熟女にハマってしまい、むしろ熟女とのプレイでなければ満足できなくなってしまいました。

  • 抜ける (0)
  • エロい (0)



アダルトブログランキング参加中♪
 ↓ ↓


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ