痴漢したら「下手くそね」と言われた

俺、痴漢した経験ないけど、ある朝魔が差してやっちゃったんだ。
そのときの体験を書こう。最期は惨めな目にあって終わったけど、
警察にご用になるよりはましだったって思ってる。

すし詰めになることで有名な首都圏の某電車。
その地域に引っ越してきて3日目のことだった。
それまでは職場に近いアパートに住んでて通勤も楽だったけど、引っ越してきてから急に不便になった。
疲れるし、ストレスもたまる。

でも一つだけイイことがあった。
女性に密着できること。
服越しに柔らかい肌の感触が伝わってくるし、髪の毛とか香水のいい匂いがするし、
極楽なんだ。
ぎゅうぎゅう詰めの電車の中で、唯一それだけが楽しみだったね。

ある夏の朝だった。
その電車で、また若い女性に密着してしまった。
その女性は吊革につかまって窓側を見てたから、俺の位置からは顔がわからない。
でも、体はむっちりしていい女だったよ。
年にして25、6歳かな。たぶんOLさん。
ノースリーブのワンピース着てた。

電車が揺れるごとに、むっちりしたお尻が股間にあたる。

気持ちいい・・・
いけないと思いつつも、勃ってくる。
考えてみたらもう4~5日オナニーしてない。
27歳の青年が4~5日精液ためてむっちり女に密着したときの興奮は想像にあまりあるよね。

俺、すっかり興奮しちゃって、勃起ペニスをそのままにした。
つまり、お尻に密着させた状態にしたんだ。
あまりに気持ちよくて・・・。

女性は尻に何が当たってるのか、わかってたと思う。
髪をすいたり、尻目に後ろを向いたりして、そわそわ落ち着かなくなったから。

そしたらその女性、お尻を圧しつけてきたんだぜ。
ペニスをこするように、尻を動かしたんだ。
それは電車の揺れの影響じゃない。
あきらかに故意でやってた。

(こいつ、もしかしてその気か?もしかして痴女か?)

(ペニスの感触を楽しんでないか?)

とたんに勇気がわいてきた。
もしかしたら、痴漢が許されるかもしれないって思ったんだ。
そしてその思いは、彼女が太股を俺の太股に密着させたとき確信に変わったよ。
かくして尻とペニス、太股と太股が密着したかたちになった。
しかも暑いのかストッキングはいてなくて、生足なんだ。
ペニスはもう、はちきれんばかりに固くなったよ。

(触ってみようかな)

その欲望は、電気のようにいきなり出現したよ。
バチッ!と火花が散るようにね。

(触りたい。もっと快感がほしい・・・)

抑えられなかった。
俺、彼女から少し離れると、後ろからスカートの中に手を入れた。

すべすべの太股を撫でた。
そーっと滑らせて、股間にいく。

パンティのクロッチ部分にふれたときめまいがした。
ふっと意識が飛ぶような感じがしたよ。

そしてクロッチの隙間に指を挿れて、マ○コをさぐった。
短い毛の感触が来た。

(やばい・・・マ○コだ・・・俺は今、マ○コにふれてる)
ヌメッとしたラビアの感触。
少しだけ湿ってて、心地よい。

しばらくラビアと膣口のあたりをなでなでした。
もうどうなってもいいと思った。

電車が主要駅について、彼女が振り向いた。
俺、あわてて手を引き、向こうを向いたよ。

「ちょっとおいでよ」
初めて顔を見た。
狐目のクールな顔してた。
普段からそんな顔なのか、怒ってるからそんな顔なのかはわからない。
「来なよ・・・降りてよ」
俺の手を引く。

俺、あきらめた。
警察につき出されても仕方ないと思った。
弁明のしようがないもんな。

そしたら彼女、ホームで俺にこう言ったんだぜ。
「下手くそ」
そして何食わぬ顔で通勤客の群の中に消えていった。

狐につままれるとはこのことか?
しばらく呆然としてたよ。

やっぱり痴女だったのかな。
もっと感じささせてほしかったのかな。

よくわからない。

はっきりしていることは、
警察につき出されずに済んだということと、
ペニスがまだ半勃ち状態だったことだ。

これはきわめてまれなケースだと思うよ。
俺はラッキーだったと思う。

痴漢はやめた方がいい。

マジでそう思う。

  • エロい (2)
  • 抜ける (0)



アダルトブログランキング参加中♪
 ↓ ↓


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ