エッチなOLのフェラチオに興奮した土曜日

僕は33歳の独身の公務員です。これといった趣味もなくて遊びと言えばたまに休みの日にパチンコに行くぐらいでした。そんな僕が偶然に見つけたのが出会い系サイトのワクワクメールでした。そのワクワクメールで知り合った女の子が24歳のはるかって言う女の子です。

仕事はOLだって言っていました。出会い系サイトがどう言うサイトかは知っていましたが会えるかどうかは正直半信半疑でした。だから何度かメールしてから誘ってみたんです。はっきりと条件を書いて大阪のラブホで一緒に過ごしたいって書いたんです。

ガールフレンドに、いきなりそんな事かいたら嫌われたらおしまいだけど、元々出会い系サイトだからダメならダメでいいし気持ちの半分は、どうせダメだろうという気持ちもありました。つまりダメもとで大胆メールしたんです。

「大阪のラブホですか、いいですよ」

なんと予想もしないに、OKのメールと一緒に送られてきた写メールに写っている女性は、これが可愛い女の子なんです。思わず詐欺かなって思ったくらいです。でもOKの返事が来たんだから行かない手はないですね。詐欺なら詐欺で、ワクワクできた分、得したと思って変な話には乗らなければいいと思っていました。

そして土曜日に阪急ビルの前で彼女と会ったんです。大勢の人で頼りは彼女からの電話だけでした。しかも彼女の電話番号は知りません。彼女から掛かって来なければ会う事はできません。

『はるかです。高橋さん何度か右手もらえないですか?』

彼女からのメールでした。言われた通りに手を振ったら携帯電話が鳴ったんです。

「すぐ後ろにいますよ。ぅふふふふ」

「あっ」

アイボリーのニットのワンピース姿の、はるかちゃんが笑顔で立っていたんです。膝まで来るようなロングブーツに生足でした。ミニスカート丈のワンピースがよく似合っている可愛い女の子でした。二人で歩いてラブホテルに向かいました。約10分後ろにチェックインしたんです。

裸になった彼女が、僕のペニスを口に含んだ時、これは本当の出会いだと確信したんです。

「ぁぁぁぁ、すごい、じょうずだよ、はるかちゃん」

「ん~~ぅふ~ん」

まるでソフトクリームを舐めるように僕のペニスを舐めてくれるんです。おかげで血管が浮きでるくらい固くなって勢いよく急角度になったんです。

「あん、やらしい…ぅふふふふ」

「こんなに、大きくした罰として、これで突いてあげるよ」

「じゃあ、はるかは罰を受けます。」

そう言って四つん這いになった遙ちゃんを、貫いたんです。

「あ~ん」

(うわあ、きれいなお尻!これ…いいなああ、たまんないなあ)

生で挿入したけど、さすがに中出しはトラブルがあると思って、ぎりぎりまで我慢して彼女のお尻に射精したんです。二度目はコンドームをつけて正常位でやりました。ラブリーな雰囲気ですてきな2時間でした。

それから本格的に出会い系をやりはじめました。仕事もあるので時々しかできませんが大阪市内の人妻とか神戸の人妻とやった事もあります。エッチが好きな人妻っていい体してるんですよね。

  • 抜ける (2)
  • エロい (0)



アダルトブログランキング参加中♪
 ↓ ↓


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ