下ネタを平気で言う後輩に最初は嫌悪してたけど

俺の職場の後輩の女子社員が、超が付くほどの下ネタ好きなわけ。
「○○さん、今日もアソコが元気ですね」と平気で言ってくるから、俺を始めとした多くの男子社員は嫌悪していた。
まあ、下ネタ好きな男子社員もいたから、一部からはかなり好かれていたみたいだけど。

そんなある日、下ネタ好きの後輩と二人っきりで帰ることになってしまった。
職場の飲み会があったんだけど、夜遅くなってしまったから、家まで送ってあげることに。

どうせその時も、下ネタ連発するんだろうと思っていたけど、意外にも可愛い一面を見せてくれた。
お店で売られているクマのぬいぐるみを見ると、「うわー、めっちゃ可愛い」と言ったりするなど、本当は凄く純粋で無邪気な女の子だと思った。

ただ、その無邪気さが下ネタも平気で言える性格になってしまい、それが玉に瑕になってしまうわけ。
でも、彼女の純粋さを知って俺は、それ以来彼女に対する接し方も大きく変わった。

日々二人っきりで帰ることも多くなり、気がつけば休日には一緒に遊ぶようにもなった。
そして、ついに彼女が俺に対して、「よかったら、ホテルにでも行きませんか?」と誘ってきた。

正直、そろそろエッチをするだろうとは勘付いていた。
恐らく彼女の方から誘ってくるであろうことも予想しており、俺は何の躊躇いもなくエッチに応じた。

その後、ホテルで彼女とエッチをしたんだけど、エッチの時もやっぱり無邪気な感じで、俺としてもこんな楽しいエッチは初めてだった。
これがきっかけで、彼女とは月に何回もエッチをするようになった。

もっとも、恋人として付き合っているわけではなく、セフレのような関係ではあるけど、俺としては彼女とエッチができれば大満足。

  • 抜ける (0)
  • エロい (0)



アダルトブログランキング参加中♪
 ↓ ↓


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ