琵琶湖のほとりのラブホテルで人妻とのお泊りPLAY

大津に単身赴任していた時の出会い系の体験談です。

独身寮で週末を過ごす事になって暇をもて余していました。それで、いい女の人がいないかなと思って登録していた出会い系のハッピーメール(18禁)の掲示板を開いたんです。

{ 後藤はるか(32)です。今日から夫は海外出張で暇しています。子供は産んでいないのでラインには自信あります。条件付でよければ朝までおつき合い可能です。京都左京区にいるのでデートの場所は山科より東ならOKです。}

(京都か…しかも朝までなんて…)

ハッピーメール(18禁)でそれまでにセックスした女性は大阪のOLと京都の大学生の二人です。でも朝までOKなんて掲示板の書き込みは初めてでした。勿論、興味満点で即返信しました。自分の顔写真も添付して条件も記入したんです。32歳なら年も一つしか違わない。

週末に同年代の京都の人妻と朝までのセックス。そう思うだけで頭の中を熱い妄想が駆け巡ります。ドキドキしながら待つ事約20分、はるかさんからメールが来たんです。

{ オッケーです。写メール見ました。カッコいいんですね。細かい事は折り返しご連絡くださいね。}

そして胸を躍らして開いた写メには、顔半分の下から膝までの写真が添えられていました。でも顔の輪郭と引き締まった口元、そして鼻筋から綺麗な人だと確信しました。その時からもう僕の胸騒ぎは始まっていました。

(旦那さんの出張した日にね…セックスレスの人妻なのかな…これ、凄い事になるかも…)

待ち合わせ場所はJR西大津駅前でした。私有車で迎えに行って琵琶湖沿いのラブホテルで朝まで過ごす事そました。そして約束の時間に西大津駅のホームから階段を降りて来る淡いピンクのセーターを来たはるかさんを見つけました。

(ぉっ、この人だ。)

真っ黒なサングラスを掛けたスラリとした女性でした。シックな紺のスカートがピンクの半そでのセーターとマッチしていて、大人びた色気がムンムンしていました。最初からセックスするという気持ちで、出て来ていたので僕の車に歩いて近づいてくる、はるかさんを見ているだけで股間がムズムズして来るんです。

「後藤さん?」

「はい、どうぞ乗って!」

事前に、連絡を取り合っていたので駅前では時間を掛けません。はるかさんは、助手席に乗せると長い脚を斜めにしてシートベルトをつけます。直ぐ161号線に出てラブホテルに直行したんです。サングラスをはずした彼女は横目で見ても上品そうな顔立ちなのが解りました。シックなスカートと品のいい顔立ち! 始めて出会ったこの女性と、朝まで過ごす。嬉しくてズボンの中で硬直していくバットが気持ちいんです。するとさり気なく僕のズボンの上にそっと手を乗せるんです。

「結構、遊んでいる人みたいね。着こなしもカッコいいわね」

「そんな事無いですよ。」

「夜は長いですから、あんまりいじめないで下さいね」

さりげなく微笑んだ横顔は、たまらなくいやらしく思えました。ラブホに着くと直ぐピザとワインで軽い夕食を取りました。胸を高ぶらせながら、はやる気持ちを抑えて腹ごしらえをしました。そしてワインを口に含んで、はるかさんを抱き寄せて口移しでワインを流し込みました。

「もう一度…飲ませて…」

二度目はワインを飲ませながらソファーの上で脱がして行きました。パンティーだけにしてベッドの上に運びました。とても綺麗な体をしていました。くびれたウエストのおかげでヒップが大きく見えるんです。乳首を口に含みながらゆっくりと秘部を愛撫したら自分から俯せになって大きくお尻を持ち上げて足を開いたんです。

「入れて……」

窓の外は、琵琶湖の対岸の町明かりが輝いていました。淡い部屋の明かりに浮かび上がる。形よく膨らんだ尻を鷲掴みにして後ろからゆっくりと挿入して行きました。最高に男の喜びを感じる瞬間です。

「ぁっ、ぁぁぁぁぁん。すごいい~」

「ぁぁぁ~綺麗なお尻…」

くびれたウエストをしっかりと握り閉めてゆっくりと腰を動かしました。その度に強烈に締め付けられて頭が痺れるほどの快感が湧き起こります。思考力を失う心地よさを感じながら時間を忘れてゆっくりとはるかさんの尻の感触に酔いしれたんです。

「きっ、気持ちいい~、も、もうだめ」

「出して…」

いきおいよく引き抜くと背中とお尻に飛び散りました。

しばらく息を沈めて見つめ合って気持ちを盛りあげて、また抱き合いました。
そして朝までに4回セックスをしました。

そして、翌朝、彼女をJR山科駅まで送ったのは午前8時過ぎでした。出会い系サイトで泊りのセックスは、初めての体験でした。ホームに消える後姿を見送りながら、別れ際にちょっと切ない感覚が湧いたのが、なぜか心地よく感じたんです。

  • 抜ける (0)
  • エロい (0)



アダルトブログランキング参加中♪
 ↓ ↓


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ