学生時代の家庭教師と親が居ない間にH

学生時代に私の家には25歳の家庭教師が来ていました。

勉強を一つ一つ丁寧に教えてくれる良い先生でした。

でも、長い時間密室に二人きりでいれば…何も起きない方が難しいかと思います。

ましてや、私は思春期でしたので、男性が横にいるだけで勉強どころではないほどドキドキしていました。

ある日、両親が地元の友達とご飯を食べに行くといって、家には私と家庭教師の先生しかいない状況になってしまったのです。

もしかしたら、いきなりエッチなモードになってしまうかも…

なんて若い考えを持っていたのですが、勉強がある程度終わったところで先生から「彼氏はいるの?」や「どんな人が好き?」など聞かれて、思わず「先生の事が好きです」と言ってしまいました。

すると、先生は何も言わずにキスをしてきたんのです。

今の状況が分からないまま、私からもキスをしてしまいました。

そのまま、ベッドに押し倒されて、貪るように舌を絡めたキスをしました。

その間に先生の固くなったアソコが私に当たるのが分かりました。

私で固くしてくれていることが嬉しくて、自然と先生の下半身に手を伸ばして触っていたのです。

そして、先生のパンツを脱がせて生まれて初めてフェラをしました。

口の中で熱い先生のアソコを感じました。

先生は私のオッパイを優しく触りながらアソコに指を入れてきました。

あまりの気持ちよさに潮吹きしてしまい、そして正常位で先生とギュッと抱きながら何度もエッチをしてしまったのです、今は会っていませんが思い出すと…アソコが熱くなってしまいます。

  • 抜ける (1)
  • エロい (1)



アダルトブログランキング参加中♪
 ↓ ↓


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ