自分の娘と援助交際してる

「んぁ、あぁ、パパ」
「はぁ、ハぁ、、はあ・・」

早朝から響く淫らな吐息と喘ぎ声

私(44歳)は高校生の娘(奈津美・16歳)と一ヶ月前から近親相姦している。

きっかけは娘が援助交際していることが発覚したことだった。

私が気づいて問いつめて辞めるように言うと
「じゃあパパがお小遣いちょうだい」と言って、なんと私に迫ってきたのです。

私は娘の体に女を感じてしまい、誘惑に負けて娘と肉体関係を持ってしまったのです。

最初の頃は抵抗がありましたが、何度も回数を重ねるうちに抵抗感は薄れていきました。
いまでは私の方が娘の若い肉体の虜になってしまい、時間も場所も構わず娘を求めてしまっています。

「はぁ、ハぁ、奈津美、挿れていいか」
「ぁ、ん、ぁあ。。いいよ、でもオチンチン挿れたいなら1万円だからね」

「はぁ、ハぁ、、ぁあ、わかってる、あげるよ、あげるから、ハぁ、ハぁ・・」

「ぁん嬉しいパパ」

ズブっ!!!

「ぁあ、奈津美、ハぁ・・奈津美ぃ、」

娘は援助交際でかなりの男性経験があるようで、妻よりもはるかに床上手です。
セックスの最中、どんな仕草や声をすれば男が興奮するのか知っているようでした。

妻とは違う若い体、ハリのある肌、16歳という年齢に似つかわしくない胸

私は娘の体にのめり込み、毎日娘を抱かないと収まらなくなりました。

最近は妻に内緒で貯金にも手を出しています。

このままではいつか妻にバレてしまいそうですが、娘に対する欲望が止められないのです。

  • 抜ける (7)
  • エロい (1)



アダルトブログランキング参加中♪
 ↓ ↓


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ