10歳違いの義理の母と・・

僕(修一・17歳)には10歳違いの義理の母(沙代子)がいます。

彼女が最初に家にやってきたのは3年前、僕が中学三年生の頃です。
父が再婚して義理の母として家にやってきたのです。

義理の母といっても彼女はこの時24歳
僕にとっては母というより美人のお姉さんという感じでした。

性格も優しく、実の息子では無い僕にもすごくよくしてくれて、いい人だなと思いました。

しかしその一方で僕は彼女に対してとてもいやらしい感情を持っていました。

実はこの頃僕はオナニーを覚えたばかりだったんです。
そこへこんな可愛い大人の女性がやってきたもんだから、もうそれはたまりませんでした。

義母が家にやってきてから間もなく、僕は毎日義母でオナニーをするようになったんです。
義母のおっぱいやお尻、太ももなどを頭の中で思い出しては狂ったように、暇さえあれば1日に何度も何度もチンチンをしごいていたんです。

そしてその気持ちは徐々にエスカレートしていきました。

そのうち義母の下着を盗み、ブラジャーやパンティーを使ってオナニーをするようになったのです。
義母の下着から漂う女の匂い。
当時中学生だった僕にはこれだけでとてつもない快感でした。

しかしそれもある程度やると飽きてしまい、彼女への欲望はさらに高まっていきました。

それはやがて”義母とセックスがしてみたい”という思いになっていったのです。

そして父が長期の出張に出かけた日

僕は義母を犯そうと考えました。

義母に対する性欲にとりつかれていた僕には罪悪感というものはありませんでした。
そんなことしたらどうなるかなんて考える余裕はなくなっていたんです。

父が出張に出かけた日の夜

二人で晩ご飯を食べて、それから1時間くらいテレビを見て、義母が「お風呂入ってくるね」と言って席を立ちました。

僕の中には既に計画がありました。

20分後

お風呂から上がり、お風呂場のドアの開く音が聞こえた時、僕は席を立ち、お風呂場に向かいました。

ドアを開けて中に入ると

「きゃっ、修一くんどうしたの」
義母はものすごくビックリしていました。

「え、なに、どーしたのよ」

黙って立っている僕に戸惑う義母

バスタオル一枚になった義母の姿、バスタオルの上からでもわかる大きな胸、色っぽい太もも
僕のチンチンはズボンの中でパンパンに膨れ上がっていました。

そして次の瞬間

僕は義母に抱きつきました。
「ハぁ、ハぁ・はぁっ、っ、ぁあ、はあ」

はじめて感じる女女の柔らかい体、全身から漂う女の匂い
「っ、ちょっ、えっ、えっ??」

あまりのいやらしさと性的興奮に体が震えた。

義母をその場に押し倒すと、とにかくおっぱいとか顔とか太ももとか舐めまくった。

「いやっ」
「ダメっ、いやっ、やめておねがい」

義母にはかなり抵抗された。
でも僕ははじめて味わう女体に無我夢中だった。

両腕を力でおさえつけ、義母の体を欲しいままにした。

しばらくすると義母はおとなしくなった。
でもその目からは涙がこぼれてた。

だけど、それでも僕は欲望をとめられず、容赦なく義母にチンチンを突っ込んだ。

すると義母が声をあげて泣き始めた。

正直可愛そうだなんて感情はなくて、むしろ義母の泣き声にさえ欲情した。

はじめての女の膣

「はぁ、はぁ、ぁあ、ぁっ、、きもちぃい、きもちぃぃよぉ」

なんと表現したらいいのか、まるでチンチンがとろけてしまいそうな強烈な快感
この世の中にこれほどまでに気持いいことがあったなんて。。。

そんなことを思いながらとにかく快感を貪った。

最後は義母の中に思い切り中出しした。。

行為が終わり、服を着ながら
「ごめんね・・どーしてもしたくて止めらんなかった」
と義母に声をかけた。

義母は腕で顔をおおったまま
「・・・こんなの、、しちゃいけないのよ」
と弱弱しい声で僕に言った。

僕は黙って部屋に戻り、布団に入った。
ほとんど寝られなかったけどね・・

次の日の朝

お互いものすごく気まずかった

さて、長くなるので続きは数日うちにまた投稿したいと思います。
ではでは

  • 抜ける (15)
  • エロい (5)



アダルトブログランキング参加中♪
 ↓ ↓


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ